観光庁長官登録旅行業第1969号

赤道直下、ボルネオ島旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み
タビン

ツアー概要

(タビン野生動物保護区)タビン・ワイルドライフリゾート

120,500ヘクタール(シンガポールの約2倍以上)にも及ぶタビン野生動物保護区は、ボルネオ島の保護区の中では2番目に大きく、ピグミーエレファントをなど絶滅危惧種を含む野生動物をはじめ多種の野鳥が確認されています。

この保護区の中には、まだ若い森林エリア(伐採された後の新しい森林区)と、コアエリアと呼ばれる太古の森があります。観察できる動物たちも、このエリアによって違い、若い森林エリアでは野鳥やサルなど、コアエリアではオランウータンなど。また絶滅寸前のスマトラサイもこのコアエリアに生息していると言われています。

トレッキングで行く、マッドボルケーノ(泥火山)には動物にとって大切なミネラルが豊富に含まれており、ゾウやイノシシなどが、夕方になると集まってくることがあります。
このマッドボルケーノでの野外宿泊プランなどもご用意しています。

tabinmudvolcano1

なぜタビンなのか?

タビン野生動物保護区では、バードウォッチングのツアーや、マッドボルケーノでのオーバーナイトプラン、サイクリングツアーなど、他のリゾートと比べ、面白いエコツアーパッケージがあります。エコツアーの中でも、特に自分の興味のあるパッケージに参加できますので、充実したリゾート滞在ができることでしょう。

1.野鳥観察(バードウォッチング)に最適。
タビンには、ボルネオ島で生息もしくは渡り鳥としてやってくる622種の野鳥のうち、少なくとも260種が観察されています。野鳥の種類は、他のリゾートと比べ多く、愛鳥家、カメラマンからも絶大な支持を受けています。また、樹木の高さがそれほど高くないため、野鳥を近くで見れる可能性も高いです。

2.パッケージの種類が豊富で、自分に合ったプランを選べる。
滞在中、できるだけ長い間、動物観察をしたいというご希望の方には、マッドボルケーノでの野外宿泊プランがおススメです。また、野鳥観察が目的という方には、バードウォッチングのツアーもございます。どんな動物が見たいか、どんな滞在をしたいか、ご希望によって、プランをお選びいただけるジャングルリゾートです。

3.ゾウを見るのが目的。
リゾート周辺のアブラヤシのプランテーションは、ゾウにとってはレストラン変わりで、日中はジャングルの中にいるゾウたちも、早朝や夕方になると、このレストランに餌を探しにやって来ます。また、7月頃はゾウの出没率が高いシーズンで、リゾートや民家周辺までやってくることもあります。ゾウの観察を希望の方には、ボルネオレインフォレストよりもタビンをお勧めします。(ただ、野生動物の事なので、天候などによっても左右されます。ご確約はできません。予めご了承下さい。)

ツアー行程

服装・持ち物について

必要な携行品(★★★)

レインコート(雨具)・懐中電灯・虫よけ&虫刺され・日焼け止め・帽子・洗面道具・ 双眼鏡・上着・水(ロッジで購入可)・ヒル除けソックス

便利な携行品(★★)

サンダル・携帯灰皿・水着

必要に応じて(★)

酔い止めの薬

ネイチャーエコツアー
このページの先頭へ
ホーム
会社情報
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ
モデルプラン
ネイチャー&リゾート イン ボルネオ 
世界遺産キナバル国立公園&キナバル登山
ボルネオ満喫エキスプレス
新ゴルフ天国 ボルネオ
クアラルンプール立ち寄り
ボルネオの楽しみ方
ネイチャーエコツアー
アイランド&リゾート
キナバル山&登山
グヌンムル国立公園
自然の宝庫クチン
ダイビング
オプショナルツアー
スパ&マッサージ
新ゴルフ天国
お役立ち情報
ボルネオ基礎知識
ボルネオ全体MAP
街角情報
レストラン情報
ホテルライフ
ロングステイ
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約