観光庁長官登録旅行業第1969号

赤道直下、ボルネオ島旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み
セメンゴ・ワイルドライフ・リハビリセンター

ツアー概要

セメンゴ・ワイルドライフ・リハビリセンター Semenggoh Wildlife Rehabilitation Centre

クチン市を州都とするサラワク州には広大な熱帯ジャングルが拡がります。

また同時に商業伐採された南洋材の輸出量世界一であり、日本は最大の南洋材貿易国です。 

このような環境にあって一生を樹上生活するボルネオ・オランウータンは棲み処を失い、個体数が激減し、現在では絶滅危惧種に指定されました。

森の中で傷ついたり、孤児となったオランウータンを救うべく1975年に設立されたのがセメンゴ・ワイルドライフ・リハビリテーションセンターです。 

当センターはセメンゴ自然保護区の一角にあり、ジャングルが生茂る保護区内は伐採が禁止され、野生動物の楽園となっています。 

サラワク州森林管理局が運営し、各地でレスキューされたオランウータンをセンターに運び込み、保護リハビリ活動を実施していました。 

現在はその役目を姉妹施設のマタン・ワイルドライフセンターに移管し、今度はリハビリを終えたオランウータンを受け入れ、セメンゴの森に返す野生の訓練センターとしての次なる役目を担っています。

また、希少なオランウータンの生態研究も同時に行っています。

リハビリセンターで2~4年リハビリを受け、半野生のオランウータンがセメンゴの森へ帰り、新しく生まれた赤ちゃんや母親達の避難場所ともなる大切な場所なのです。

ジャングルの中にはテナガザルやワニ、鳥類、トカゲやリスも生息しています。

セメンゴ・ワイルドライフ・リハビリセンターはクチン市内から24Km、車で約40分の場所にあります。

1.オランウータンが間近で見れる!

サラワク州政府による本活動を世界に広く知ってもらうことを目的としてフィーディングタイムを設け、世界中から観光客が訪問しています。またオランウータンが野生の森に帰ったときに食べ物を取得できるよう学習することも目的の一つです。
09:00~10:00・15:00~16:00一日2回、フィーディングタイムに訪問します。
リハビリセンター入口から舗装されてない道を歩き、開けた場所に出ます。ウッドデッキの上で待機しているとオランウータンがやってきます。
(2017年7月現在)28頭のオランウータンすべてに個体認識目的として名前がついています。レンジャーはオランウータンに名前で呼びかけている姿を見ることができます。まるで人間同士が会話しているようにも見えてきます。

2.どなたでも楽しめます!

リハビリセンター入口まで車が到着したら、ここから舗装をしてない道を少しだけ歩きます。歩きなれた靴がお勧めです!ここを抜ければ、ほとんどが舗装された道なのでご安心下さい。オランウータンは木の上やロープを渡っているので探してみてください。特に親子連れのオランウータンはいつも母親に寄り添い、時にはわざと距離を置き学習させる姿などはまさに人間の親子そのものです。

ツアー行程

服装・持ち物について

必要な携行品(★★★)
レインコート(雨具)・虫よけ&虫刺され・日焼け止め・帽子・水(売店で購入可)・カメラやビデオ
必要に応じて(★★)
酔い止めの薬・双眼鏡

 

このページの先頭へ
ホーム
会社情報
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ
モデルプラン
ネイチャー&リゾート イン ボルネオ 
世界遺産キナバル国立公園&キナバル登山
ボルネオ満喫エキスプレス
新ゴルフ天国 ボルネオ
クアラルンプール立ち寄り
ボルネオの楽しみ方
ネイチャーエコツアー
アイランド&リゾート
キナバル山&登山
グヌンムル国立公園
自然の宝庫クチン
ダイビング
オプショナルツアー
スパ&マッサージ
新ゴルフ天国
お役立ち情報
ボルネオ基礎知識
ボルネオ全体MAP
街角情報
レストラン情報
ホテルライフ
ロングステイ
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約