観光庁長官登録旅行業第1969号

赤道直下、ボルネオ島旅行専門サイト|株式会社ユー・ツアー・サービス

名古屋店 052-963-9500 東京店 03-5425-2905
営業時間 月~金 9:30~18:30 土 9:30~15:30 日祝休み
オランウータンを知り・学び・体験する、サラワク州森林局による保護活動プログラム「ハート2ハート」

保護プログラムの内容

<餌づくり>

まずはフルーツや野菜を1口サイズにカット。スイカ・パパイヤ・ヒマワリの種・インゲン・豆腐・レーズン・粉ミルクなど栄養バランスを考えた餌を混ぜ合わせ袋詰めします。

餌袋は麻袋に入れて縫い合わせるタイプ、葉っぱで包み縛るタイプの2種類。オランウータンが自ら餌を袋から取り出す作業は脳と手を使うので、これもリハビリの1つになるのです。

 

<小屋掃除>

センターから貸し出される長靴とヘルメットを身に着け、センター最年長のオランウータン君の小屋をお掃除。ホースとブラシで床や棚、遊び道具のタイヤまで小屋内にあるもの全てキレイに洗います。

最後に水切りで床の水を掃いたら、フルーツを各自好きなところに置いて終了です。きれいになった小屋にオランウータンを戻し、おやつのフルーツを食べる姿を観察します。

 

<餌やり>

先ほど作った餌をオランウータンたちに与えます。檻の中にいる子たちには指導員のアドバイスのもと、直接手渡しであげることもできます。

広い舎内に複数でいるオランウータン達には、見晴らし台に登り上から投げて渡します。1匹づつ平等にいき渡るように狙いを定めて投げてください。

餌に一直線で向かうのがいれば、のんびりしていて出遅れてしまう子もいたり。それぞれ性格の違いもわかります。餌に対してどんな反応をするか観察してみましょう。

 

 

<リハビリ後の様子を観察>

セメンゴに移動し、フィーディングタイムに現れるオランウータンを観察します。ここは日帰り観光スポットとしても有名なので、一般観光客も訪れます。保護プログラム参加者はユニフォームを着ているので、スタッフも一目で認識してくれ、オランウータンが出そうなスポットに連れて行ってくれたり、オランウータンの詳しいお話をしてくれることもあります。

広い敷地内で自由に動き回る彼らを見届け、保護プログラムは終了です。

このページの先頭へ
ホーム
会社情報
会社概要
個人情報保護方針
旅行業約款・旅行条件書
メディア・取材撮影
コーディネート
お問い合わせ
モデルプラン
ネイチャー&リゾート イン ボルネオ 
世界遺産キナバル国立公園&キナバル登山
ボルネオ満喫エキスプレス
新ゴルフ天国 ボルネオ
クアラルンプール立ち寄り
ボルネオの楽しみ方
ネイチャーエコツアー
アイランド&リゾート
キナバル山&登山
グヌンムル国立公園
自然の宝庫クチン
ダイビング
オプショナルツアー
スパ&マッサージ
新ゴルフ天国
お役立ち情報
ボルネオ基礎知識
ボルネオ全体MAP
街角情報
レストラン情報
ホテルライフ
ロングステイ
ご予約について
仮予約システムについて
お申し込みから出発までの流れ
オーダーメイドツアーのご相談
ご来店予約